よくある質問



Q: 新型コロナウィルスに対してバイオトロールは効果がありますか?

新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)に対しての効果証明書(エビデンス)はございません(現在試験可能な研究機関がございません)ので、断言は致しかねます。
しかしながら、エンベロープウィルスの代替菌として広く承認されている
ワクシニアウィルス(Vaccinia Virus)に対するエビデンスを取得しております。
(※1)ワクシニアウィルスに対して有効であれば、ヒトコロナウィルス、SARS、MERSに対してもその有効性は承認されておりますので、新型コロナウィルスに対しても有効であると推測されます。
ただし、未だ全容が解明されていないウィルスとなりますので、最終的にはお客様のご判断でご使用ください。
(※1): EN14476:2013+A2:2019試験 欧州統一規格:医療分野における化学消毒剤及び防腐剤-ウイルス活性評価のための定量的懸濁液試験



Q:通常の除菌剤・消臭剤と何が違いますか?

通常の除菌剤や、アルコールなどの消毒剤は、使用してすぐの濡れている時にしか効果がありません。
一方、特許製品バイオトロールは乾いてからも効果を持続させます
抗菌効果は24時間以上、テーブルや壁などの表面に対しては最長20日間の持続が可能です。
(風呂場など頻繁に水が掛かる場所は7日から10日を目安にご使用ください。)
また、通常の消臭剤は、臭いを香りでごまかしているものもありますが、バイオトロールは無香料。
においの原因となるバクテリアなどを根本から除菌するので、ペットや臭いに敏感な方にも安心してお使いいただけます。



Qアルコールなどの除菌剤と一緒に使っても良いですか?

液剤は他のものと混ぜないでください。
バイオトロールを使用した後にアルコールなどを使うと、抗菌効果がなくなってしまいます。
併用する場合は、先にアルコールなどで除菌した後に、バイオトロールを使って抗菌することをお勧めします。



Q:どこに使用できますか?

バイオトロールは、ウイルス・細菌、真菌や酵母菌、芽胞菌に対して非常に効果的です。
バイオフレッシュシャンプーでペットの体を洗った後、日々のお手入れの際に、バイオフレッシュ デオドラントスプレーを直接ペットに吹きつけてブラッシングをしたり、お散歩の後に足ピカアワー for petsで足を拭いてあげたり、ティッシュや布につけた泡で耳の中の掃除をしたりすることで、ペットの衛生状態を保つことができます。
また、ペットや人の生活環境を清潔に保つのにも最適です。
掃除の際には、様々な物の表面の除菌・抗菌にお使いいただけます。
バイオトロールは基材を傷めないので、水に濡れても大丈夫なものであれば、どんなものにでも使用していただけます。



Q:ペット以外に使っても大丈夫ですか?

人にも環境にも優しい素材ですので、安心してお使いください。



Q:詳しい使用方法は?

スプレータイプ

ペットの日々のお手入れ、ブラッシング時にお使いください。
身の周りへの使用については、水に濡れても大丈夫な所なら、基本的にはどこへでもお使いいただけます。
(生地、家具類はあらかじめ目立たない部分でテストし、色落ち等の異常がないことを確認してください。)
スプレーして、乾いた布などで掃除してください。
汚れがある場合は、先に汚れを拭き取ってからご使用ください。
濡れていても差し支えない場所は、拭き取る必要はありません。
※エラ呼吸をする魚の棲む池や水槽などには使わないでください。
※空間除菌のために、空間に噴霧するのはおやめください。

足ピカアワー for pets

泡を適量取ってペットの足全体に馴染ませて、その後、タオル等で軽く拭き取ってください。
※洗い流す必要はございません。
また、耳内お使いいただくことで、臭いを防ぎ、耳を清潔に保つことができます。
身の周りのお掃除で使う場合は、適量を布やティッシュなどに取り、対象の場所を拭いてください。
水に濡れても大丈夫な所なら、基本的にはどこへでもお使いいただけます。
(生地、家具類はあらかじめ目立たない部分でテストし、色落ち等の異常がないことを確認してください。)
汚れがある場合は、先に汚れを拭き取ってからご使用ください。
濡れていても差し支えない場所は、拭き取る必要はありません。

濃縮8倍希釈タイプ

水道水で8倍に希釈してからご使用ください。(液剤1:水道水7)
希釈の際には、メモリのついたバイオトロール専用スプレー容器のご利用が便利です。 水道水で希釈した後は、30日以内に使い切るようにしてください。
希釈した液体の使用方法は他の製品と同様です。

ペット用シャンプー

適量をペットの体全体に馴染ませて洗ってください。
除菌・消臭・抗菌作用に優れ、皮膚トラブルの予防に効果的ですので、予洗い用として「バイオフレッシュ ペット用シャンプー」をご使用いただくのが理想的です。
毛並みを整えたり被毛をふんわりさせるためには、よく洗い流した後に、他のシャンプーやリンス・コンディショナーを併用してください。
シャンプー後の抗菌効果を最大限生かすために、あわせてバイオフレッシュペット用デオドラントを使って、日々のお手入れを行うことをお勧めしております。


















Q:詰替え用製品はありますか?

シャンプー以外の製品の液剤は、希釈済みか濃縮8倍希釈タイプかの2種類のみです。
希釈済みの製品(バイオフレッシュ デオドラントスプレー、足ピカアワー for pets・サーフェスサニタイザー スプレータイプ)なら、
どの製品にもバイオフレッシュ デオドラント 詰替用400mlを詰め替えてお使いいただけます。



Q:ペットの消臭について:スプレーやシャンプーの後、どのくらいの期間消臭しますか?

バイオトロール配合バイオフレッシュシャンプーでペットを洗い、2日おきにバイオフレッシュスプレーを使用した際、20日間悪臭がしないという意見を多く頂いています。
臭いの感じ方は個人差があるので、特定の時間の長さを答えるのは難しいですが、検証データでは、獣医師監修による106匹の犬をパネルテスト(官能試験)しています。
特に、化粧品市場ではパネルテストが一般的な検証方法になっています。
パネルテストの結果、特にスプレーやシャンプーによる犬のにおいの軽減があり、多くのペットオーナー様や獣医師様がバイオトロールの性能に気づきました。そのため、特定の期間を提示するよりも、持続性消臭力を提示するようにしています。
また、バイオフレッシュペット製品は低刺激なので、ワンちゃんの耳の中や顔のしわ等を拭く事により様々な悪臭を除去できます。



Q:完全室内飼いですが、シャンプーは必要ですか? シャンプーの頻度は?

室内飼いをしていても、ペット自身の体から出る皮脂や排泄物の汚れは洗い流さなければ落ちません。
皮膚疾患の原因にもなるので、1ヶ月に1回程度はシャンプーをして、清潔に保ってあげましょう。



Q:シャンプーは生後いつから使えますか?

生まれたばかりのワンちゃんは非常に繊細です。ひと通りワクチン接種を受けて約1~2週間たった後くらいからシャンプーを始めましょう。
初めてのシャンプーから、バイオフレッシュシャンプーを使っていただけます。



Q:足ピカアワーは皮膚の炎症部にも使える?

ペットが痛がらなければお使いいただけます。実際、足ピカアワーを使用して症状が良くなった例もございます。



Q:使用期限は?

開封の有無にかかわらず、使用期限はございません。(※紫外線を避け、冷暗所で保管ください)
ただし、濃縮8倍希釈タイプの液剤を水で希釈した場合は、30日以内に使い切ってください。



Q:どのくらい抗菌効果がありますか?

残留性効果は希釈度合や使用する場所によって異なります。
通常、固い表面では最長20日間効果が持続します。野外で使用する場合、気候によって1年間持続する場合もあります。湿度の高い気候であれば、1年間に2回使用するのがいいでしょう。
濃縮タイプの製品を希釈して使用する場合、希釈した分は早めに使用してしまうことをお勧めします。清潔な容器に清潔な水(水道水)で希釈した場合でも、30日以内に使用してください。
もし、汚れた水と濃縮製品を希釈してしまうとその間に効果が出てしまいます。持続性作用が残っている間に早く使用しましょう。



Q:バイオトロールは手指消毒薬として使用できますか?

日本では、手指消毒薬として厚生労働省が認可している製品の多くは、色々なメーカーが医薬品と医薬部外品として 製造許可を受けて販売しています。
バイオトロールは、イギリスではNHSの承認を受け、環境消毒薬として販売しており、手指の消毒に使われていますが、日本国内では雑貨(環境除菌剤) として輸入、販売している関係上、手指の消毒用としての使用は推奨しておりません。
国のガイドラインでは、アルコール手指消毒剤をしっかり摺りこんでいただくことですが、アルコール製剤が非常に手に入りにくい現状、何らかの手当てを「お客様の責任」においてご検討いただければと思います。
なお、バイオトロールが肌に触れた場合、肌が荒れたりしないかをテストした「皮膚一次刺激性試験」の証明書を取得しております。
(結果として、バイオトロールが肌に触れても問題ないという結果は出ておりますが、保証はいたしかねます)



Q:他の製品とバイオトロール製品はどのように違いますか?

ほとんどの製品は、1種類の成分に頼っています。例えば、アルコールや塩素(次亜塩素酸)などがあり、1種類の成分しか含んでいません。 アルコールや塩素は早く蒸発し、 性能にも限りがあります。また、使用すると多くの表面を損傷させます。 アルコールベースの製品は引火性の危険があり、特に小売店で多量在庫する時や管理状況に気をつけなければなりません。 バイオトロールの多種多様の技術は乾燥しても濡れていても作用し、このような特性は特許を申請することにより守られています。



Q:濃縮タイプはどのくらい使用できますか?

通常8倍(液剤1:水7)に希釈して使用します。たとえば、5Lの液剤なら40L、500mlの液剤で4Lの使用が可能です。



Q:製品のPhのレベルを教えて下さい。

製造過程における許容誤差があるため、5.5~7.0pHになります。



Q:バイオトロールはどこで実験されていますか?

抗菌剤の安全なデータは欧州や米国での監査機関により認められ、何度も再調査されました。除菌の性能は、欧州統一規格(EN規格)を上回っています。
NHSトラスト(保健医療サービス)やマークスアンドスペンサー(スーパーマーケット)などのイギリスの企業により使用されることを認められ、評価も受けています。